Skip to main content

Khronos Virtual Open House Japan クロノスバーチャルオープンハウス

Khronos Virtual Open House Japan クロノスバーチャルオープンハウス Banner
February 9, 2021
Online

Join us for the Japan Virtual Open House
バーチャルオープンハウスにご参加ください!

Presentations from Open House

Wednesday, February 10 AM 10: 00-AM 11:45 Japan Standard Time (+ 9UTC)
2月10日(水) AM 10:00 〜 AM 11:45 日本標準時(+ 9UTC)

We haven't been able to keep you up to date with the Khronos Group since last summer, but this time we're holding a virtual open house, including OpenCL, 3D Commerce, glTF, Vulkan (including machine learning and ray racing topics), etc. Introducing the latest trends in. We hope that you will take a look at the technology provided by the Group and that everyone will be interested in and participate in the Khronos Group. There will be a question and answer time between each session, so if you have any questions, please use it.

昨年の夏以降、Khronosグループの最新情報をお伝え出来ておりませんでしたが、今回はバーチャルでオープンハウスを開催し、OpenCL、3D Commerce、glTF、Vulkan(機械学習やレイトレースのトピックを含む)などの最新動向をご紹介致します。当グループが提供するテクノロジーを是非ご覧頂き、是非、皆様にもKhronosグループへ興味をお持ち頂き、ご参画頂ければと思います。各セッションの間には質疑応答の時間を設けますので、ご不明な点がある方は是非ご利用ください。

 

Those who would like to participate: Those who are doing software research and development, those who are doing research and development related to 3D and game engines, those who are doing game development, those who are doing browser related research and development, the web Those who are developing, programmers, those who are researching and developing productivity applications and specialized applications (CAD, medical, Building Information Management), those who are interested in utilizing 3D data in the retail industry, apparel industry, etc., automatic Those who are doing research and development related to driving, those who are doing research and development related to machine learning, those who are developing related to cameras, those who are doing research and development related to embedded devices, etc.

ご参加頂きたい方:ソフトウェア研究開発をされている会社様、3Dやゲームエンジンに関わる研究開発をされている方、ゲーム開発をされている方、ブラウザ関連の研究開発をされている方、ウェブ開発をされている方、プログラマー、生産性アプリケーションや専門的なアプリケーションの研究開発されている方(CAD、医療など)、小売業界やアパレル業界などで3Dデータの活用にご興味のある方、自動運転に関わる研究開発をされている方、機械学習に関わる研究開発をされている方、カメラに関わる開発をされている方、組み込み機器に関わる研究開発をされている方、など

Register Today

イベントのアジェンダ

スピーカー/Speaker 内容/description
梅澤 孝司 Khronos Group Regional V.P., Japan 開会のご挨拶
Neil Trevett Khronos Group President V.P. of Developer Ecosystems at NVIDIA Khronosグループの概要 理念、オープンな標準規格とは?、現在アクティブにイニシアチブを取っている規格は?対象となるマーケットセグメントは?仕組みに関して
Neil Trevett glTF の概要 理念、構造、エコシステム、Dracoメッシュ圧縮拡張、KTX2.0ベースの汎用テクスチャ、PBRマテリアル対応ロードマップ、業界の対応状況
Shrenik Sadalgi 3D Commerce Chair Director of R&D at Wayfair 3D Commerceの概要 なぜ3D Commerceが必要だったのか?最終的なゴールは何なのか?、リテール業界における3Dのインパクト、ネット「検索」を例にした場合、マルチプラットフォーム対応の必要性、3Dデータ作成ルールの標準化の必要性
Neil Trevett OpenCLの概要 計算処理をアクセラレーションする為のKhronos標準規格には何があるのか?その中でOpenCLが果たす役割とは?業界の対応状況、エコシステム、OpenCL 3.0、ロードマップ、機械学習におけるコンパイラのステップ、SPIR-Vエコシステム、Vulkan向けのレイヤー、DirectX12向けのレイヤー
Tom Olson Vulkan Chair, Director of Graphics Research at ARM Vulkan の概要 OpenGLとの違い、PCやモバイルにおける採用事例、新機能ハイライト(1.2、レイトレース、fragment shading rate、その他新機能)、エコシステム
Daniel Koch Vulkan Ray Tracing TSG Chair, Sr. Graphics System Software Engineer at NVIDIA Vulkan Ray Tracingの概要 開発の経緯と経過、そのデザイン、ステップ1:効率的なシーンジオメトリの作成、ステップ2:シーンのトラバーサル、開発者向け状方まとめ
Pierre Boudier Vulkan ML TSG Chair Technical and Business Leader at NVIDIA Vulkan Machine Learningの概要 その目的、推論を加速、データ型の機能拡張、シェーダー計算処理の向上、MLコンパイラ、Google MLIRとIREEコンパイラ、サードパーティによるVulkanを使ったフレームワーク、NNを使わないML、
ax株式会社 Vulkan を活用した高速AIフレームワーク実装 ailia SDKでの事例 Vulkanを使用したAIの高速推論フレームワークであるailia SDKの実装事例を紹介します。
Vulkanを使用することで、デバイスやOSを選ばないAIの高速推論を行うことが可能になります。
梅澤 孝司 閉会のご挨拶



Conference Code of Conduct: The Khronos Group is dedicated to providing a harassment-free conference experience for everyone. Visit our Code of Conduct page to learn more.

Khronos videos, presentations, and upcoming events. Skip to the Footer